マンションに光回線が未導入の場合は?

光コラボ

マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの場合、建物によっては光回線の設備が導入されておらず「マンションタイプでの申込みが不可!」と判定される場合があります。こういった場合、集合集宅にお住まいの方は光回線を利用することはできないのか?当コラムでは、マンションが光回線未導入の場合でも解決策があるのかを調べてみました。

光回線のプランは2つ!

光回線はお住まいの建物によりタイプが2つにわけられます。

  • マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの方は「マンションタイプ
  • 一戸建てにお住まいの方は「戸建てタイプ
    (キャリアによってはファミリータイプやホームタイプともよばれています。)

またマンションタイプの契約はお住まいのマンションやアパートに光回線の設備が導入されていることが条件のため、場合によっては「マンションに光回線が未導入で申込み不可だった!」なんてこともあります。

では、お住まいのマンションに光回線の設備が導入されていない場合、光回線を申し込むことは不可能なのか?

光回線未導入のマンションの場合どうすればいいの?

マンションタイプで光回線をひく場合、電柱から共用スペースに光回線がひきこまれているため、共有スペースから自宅に光回線をひきこむための工事が必要となります。

ですがお住まいのマンションが光回線未導入の場合は、共有スペースに光回線がひきこまれていないため、マンションタイプでの申込みが不可となってしまいます。

そのため、お住まいのマンションで光回線を利用したい場合は管理会社やオーナーに工事の許可をとりましょう!建物の都合上、光回線を導入していないなど理由があるかもしれないため、まずは工事について確認をしてみてはいかがでしょうか。

光回線の工事の許可が取れたら?

先ほど通常のマンションタイプは「電柱⇒共有スペース⇒自宅」と説明しましたがマンションタイプが未導入の場合、戸建てタイプで導入することもできます。

戸建てタイプなら「電柱⇒自宅」と直接光回線をひきこむ工事となるため、工事費用や月額料金などもマンションタイプとは異なります。

ですが、戸建てタイプの場合は電柱から直接光回線をひきこむため、通信速度は最大1Gbpsと高速通信!マンションタイプの場合は電柱から共有スペースまでは最大1Gbpsですが共有スペースから各お部屋に光回線を通しているため配線方式によって通信速度が異なります。

そのため、戸建てタイプならより快適にインターネットを楽しむことができるので魅力的ですよね!

まとめ

お住まいのマンションが光回線未導入の場合でも、工事の許可をとれば戸建てタイプのように直接光回線をひきこむことができるため、自宅でインターネットをよく使う方は一度管理会社やオーナーに相談してみるのもいいかもしれませんね。

またSo-net光プラスなら工事費が月額料金から割引されるため、実質無料となるので初期費用をお得に申込むことができるのでおすすめです◎

マンションタイプの場合
月額4,480円のところ48ヵ月目まで工事費500円が割引で3,980円!
戸建てタイプの場合
月額5,580円のところ60ヵ月目まで工事費400円が割引で5,180円!

さらにSo-net光プラスならセキュリティサービス「カスペルスキー」や次世代通信「v6プラス」がずっと無料で利用できるため、安心して快適なインターネットを楽しむことができるうえに、代理店を通して申し込むと加入特典でキャッシュバックなどもお得にGETすることができます。

So-net光プラスの申込みで最大52,000円のキャッシュバック♪

So-net光プラスのキャンペーンはこちら